童貞卒業
私は妻と結婚して30年。長いこと妻と暮らしてきました。妻のことは大切です。しかし、長い年月の中で妻への思いは変化してきました。性の対象ではなくなってしまったのです。男心としてはできれば、若い女性と関係を持ちたいものです。妻も私と同じ速度で年をとってきました。もういい年です。妻も私と今更、そんな関係を持ちたいとは思わないでしょう。子供ができてから、妻とは関係をもっていません。私は何度か求めたことはあるのですが、妻が子育てに疲れていてなかなか受け入れてくれませんでした。こういった経緯があり、次第に妻との関係はなくなっていったのです。男としては辛いものがありましたが、気持ちを切り替えることで乗り越えてきました。私がどうやって気持ちを切り替えてきたのかというと、出会い系サイトで他の女性と浮気をすることで男としての自信を保ってきたのです。私の中では前向きな浮気だと思っています。自分を肯定するつもりではありませんが、きっと浮気をしなかったら私はどこかで壊れてしまっていた気がするからです。結婚すれば、妻しかいないのに妻に受け入れられない場合、私はただ我慢するしかなかったのでしょうか。私はそうは思えませんでした。それに、きちんと妻を求めていたのですから妻への礼儀は果たしたつもりです。それでもダメなら、方法を変えるしかない。これは、どんなことにも通用することではないでしょうか。そうやって私は浮気を肯定的に捉えてきました。
童貞卒業
包茎手術

今日のアクセス:0/昨日のアクセス:0
トータルアクセス:0


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理